40代,50代からの女性の集いの「場」
読み物

ikuka流 「美しさ」とは

2016年ミスユニバースジャパンで、長崎準グランプリを受賞された松尾咲希さん。
現在は美容クリニックカウンセラーとして、また、女性の健康・更年期を、正しい情報とエクササイズでサポートするNPO法人「ちぇぶら」のファシリテーターとしても活躍されています。

そんな松尾さんに、女性の「美しさ」について、お話を伺いました。
少し長いですが、共感頂ける部分や、なるほどー!と思って頂ける部分があると思います(^^)

ikuka
率直に聞きます!女性の美しさとは何だと思いますか?
松尾
美しさとは、出てくるもの、にじみ出てくるものだと思います。お会いした時、『この人幸せそうだなぁ、人生楽しんでいるんだろうなぁ』と思える人は、顔に出ています。
『美しいな、かっこいいな』と思います(^^)

そして、20代の人にはその年代にしかない美しさがあり、40代の人にはその年代なりの美しさがあると思います。若い時にはなかった内面(心)の豊かさ、懐の大きさや知識の量とか、そういうものを感じられる方に本当の美しさを感じます。

ikuka
なるほど。
でも・・・日本は若い女性をもてはやす風潮がありますよね・・私、若い時、年を重ねるのが怖かったです。

松尾
確かに。
会社にお勤めの方は、そう感じている方がまだまだ多いかもしれませんね。
居心地が悪くなったり、そのせいで仕事にやりがいを感じにくくなったり。
ikuka
そうですね。
でも、環境のせいばかりにもしていられない。
その人自身に問題がある場合もあるかなぁと。

あきらめきってだらけてしまうか、そうならないか。
特に、40代は大きく分かれる時期だと思うんです。

松尾
誰か話せる人、話せる場があったらいいなと思います。

それと、(セミナーや座談会など)自分の行動や姿勢などを見直す機会があったらいいな、とも思います。

ikuka
40代からの女性にこそ、自分の外側と内側を一度見直す機会が必要かもしれませんね。

ikuka
年を重ねていくにつれ、凛とした雰囲気を身に付けたい、と思うようになりました。
それが美しさにも繋がると。

松尾
そうそう・・可愛がって頂いている60代の女性がいるのですが、いつも凛とされていますよ。
その女性が、この前、こういう話をしてくださいました。

勉強や、何かを知りたいという欲をなくしたら、一気に老いてしまうのよ』
そして、続けて、
『今は自分のやりたいことしかしていない。
サーフィンするのが今の私の目標なの。
でも時々、外に行きたくないなぁ、もういいかなぁ、このままゆっくりしていたいなぁ、と思う時もあるの。
でも、それでいいのか!?と自分に問いかけて、意識して外に出るようにもしているの。
意識付けが大事
と話してくれました。

このことは、全てに共通するなぁと思いました。仕草とか考え方にも。

ikuka
なるほど・・・
深いなぁ・・・

ikuka
ちょっと話が逸れるかもしれませんが、最近、『時間』というものを特に意識するようになったんです。
世の中で一番平等なものは『時間』だと思うんです。
『時間』をどう使うかによって、その人が変わってくるとも思うようになりました。

松尾
私もそうです!

ある方から教わったのですが、1秒で選べるものは1個しかないそうなんです。
1秒1秒をどの人と過ごしたいか、何をするか、誰と会いたいか、等みんな自分の選択で決めているんです。
だから、その『時間』を有難いなぁと思って生活しようと思ったんです。そうすると、1日の使い方が変わってきました!

ikuka
若い頃は、『時間』の大切さなんて考えたこともなかったなぁ(^^;

約1時間ほどのとても楽しい対談でした(^^♪

そこで!「美しさ」とは、
に対するikuka編集部が出した結論は。。。

「美しさ」と言うと、見た目の美しさだけを指しがちですが、内面(意識)や仕草の美しさはいつからでも身に付けられる。
内面から美しさがにじみ出るような人になりましょう!

です(^^)/

皆さんはどう思われましたか(^^)

今回のゲスト

松尾 咲希さん
福岡県福岡市在住。
元々銀行に勤めていたが、ミスユニバースにスカウトされたことをきっかけに美容に興味を持つ。
現、美容クリニックカウンセラー / NPO法人ちぇぶら 更年期ライフデザインファシリテーター。