40代,50代からの女性の集いの「場」《毎月1日更新》
読み物

精油のチカラを日々の暮らしに

夏本番!太陽が一番輝くこの季節。
暑さのピークを迎えるときですね。

そんな夏、精油が届けてくれる爽涼を取り入れてみませんか?

なによりお薦めは“ペパーミント”

スーッとしたグリーンハーブの香り。
ペパーミントを、こめかみや首すじ、肩や胸元に塗布すると、だんだんひんやりしてきますよ。

そう!
ペパーミントは体表温度を2~3度下げてくれる働きがあるのです。

このひんやり感の持続は15~20分程度ですが、爽やかな香りも加わって、心と身体両方に働きかけて、心地よい涼を届けてくれます。

ペパーミントの香りが苦手、と言う方は、無理して使う必要はありません!
好きな精油とブレンドして、ほんの少し混ぜるだけでも和らいだ爽涼感は感じられるので、工夫すれば大丈夫!

グレープフルーツ精油とのブレンドも、お薦めですよ。

私はラベンダーとのブレンドをロールオンに入れて、一年中持ち歩いています。

私が経験したある症例

今年の春、ある日突然首から胸元、また腕全体に、ピリピリと赤みとかゆみが現れました。
4~5日経っても症状は引きません。こんな症状は初めてでした。
別の症状で皮膚科へかかっていたので先生に診て頂くと、“日光過敏症”の診断。
40代後半、身体が変わり始める影響もありますよ、とのことでした。
体温が上がり汗をかいたとき、お風呂に入ったとき、とにかく痒くて仕方ありませんでした。

“ペパーミントを塗ってみよう!”と2~3日続けていくと症状がだんだんと引き、病院処方の薬に頼ることなく治っていきました。

豆知識①
熱を持つ痒みや炎症、虫刺されに、他にも発熱時やお腹を壊したとき、打撲時など、ペパーミントはチカラを貸してくれますよ。
豆知識②
ミントの香りは意識をクリアにし、本来の自分に戻る手助けをしてくれるので、もやもや落ち込んだ時、考えすぎや仕事のし過ぎの時なども、お薦めです。

精油は、私たちの心と身体、暮らしを調えてくれる、植物からのギフトです。

効果や作用から選ぶことも大事ですし、なにより香って心地いい、と感じるものが一番だと、私は思っています。

精油をたくさん持つ必要はありません。

この香りがあれば、まっさらな自分に戻れる、そんな1本があるといいですね。

すべての生き物と地球にやさしい、循環していくものを取り入れた暮らし。

日々を心地よく丁寧に、大切に暮らしていきましょう。

今回登壇頂いたのは

伊藤 千草さん
精油アドバイザー/元アロマ環境協会インストラクター・セラピスト

精油と人を繋ぐこと 人と自然を繋ぐこと

精油のみならず、その人にとって本当に必要なことは何かを一緒に考え、感じ、見つけてゆくことを大切にしています。