40代,50代からの女性の集いの「場」
今月のテーマ

私の更年期 Part1

~お寄せ頂いた「お声」から~

ボクササイズが救いに

私は、今50代後半で、更年期の出口に差し掛かっています。

最初は、ホットフラッシュの症状が出ました。

下着がずぶ濡れになるくらい汗をかいては、サーっと引いて寒くなることが頻繁に起こり、同時に気分が落ち込むことが続きました。

自分ではどうしようもなくなり、婦人科を受診し、漢方薬を処方され5年位飲み続けたでしょうか・・・

今思えば、急にではなく、徐々によくなっていったように思います。

その間も、仕事はずっと続けて社会と繋がっており、趣味のボクササイズで身体を動かし夢中になれる事があったのが救いだったと思います。

50代女性

空の巣症候群

私の更年期障害は突然表れました。

51歳の時、末の息子が大学進学で家を出たのがきっかけでした。

心にポカーンと穴が空いたようで、食事の支度等、何事にもやる気が無くなり、ただ一日中家に閉じこもっている状態が半年ほど続きました。

友達からは、「それは、空の巣症候群よ」と言われました。

心配した娘達が、飛行機や新幹線、時には車で旅行に連れ出してくれるようになりました。

また自分でも、社交ダンス、太極拳、習字等習い事を始めるようになって、だんだんと体の調子も良くなりました。

女性は誰しも、大なり小なり症状が出るんだと思います。

更年期は、子供中心だった生活を自分中心に戻して、あせらず気長に過ごして、毎日好きな事をしながら楽しく生きていく事を気付かせてくれる時期なんだと思います。

80代 女性

更年期の入り口

昨年の春先頃から、急に暑がりになり、長袖から半袖へいち早く衣替えしたり、初夏には、頭から玉のような汗をかくようになりました。

その他、めまいがする日があったり、一歩歩けば物忘れしたり、訳もなく感情が不安定になったり…(#^^#)

以前、更年期についてのセミナーを受講する機会があった為、実際自分自身が更年期に差し掛かった際に不安になることも無く、前向きに受け止める事が出来ました。

今は、セミナーや本等で更年期について知識を得られるので、是非知る事をおすすめしたいです。

私の場合、体調や気分がすぐれない時には、甘酒で元気をチャージしたり、ゼラニウムがブレンドされたアロマオイルを髪に馴染ませたりして気分転換するようにしています。

私はまだ更年期の入り口。この先どんな変調が起こるか正直ドキドキしていますが、“身体にとっての大切な転換期”ととらえ、無理をせず、穏やかに過ごしたいと考えています。

40代 女性

変わり始める 私の身体

47歳の半ばを過ぎた頃、生理周期が乱れ始めました。

あるときからぽーんと1ヶ月以上空いたり、その翌月は巡ってきて、そのまた次は2ヶ月以上空いたり、

“あ、これが更年期の始まりなんだろうな”と、自然な流れで受け止めることができました。

重だるさは時にありつつも、汗だくやホットフラッシュは、今のところありません。

ただ、皮膚にいろんな症状が出てきました。

コロナ禍のマスク生活でもあり肌荒れ、腕や首あごには湿疹か出始めました。身体にこんな症状が出たのは始めてでした。

病院へいくと、顔は皮脂に反応して炎症をおこし、腕や首あごは日光過敏症との診断。

先生は、『年齢的な体質の変わり目の影響もありますよ』と。

顔のケアは、油分は控えて極力シンプルに、とのことでした。

 

更年期は生理周期の乱れだけでなく、お肌や身体全体に影響が出てくるのだなと、我が身を通して気づきました。

そこから気分も影響を受けるなぁと。

お姉さん的存在から、『良かったよ!』と教えて頂いた、飲む点滴と言われる糀の甘酒を、毎日少しずつ飲み始めました。

他には、精油の香りや植物成分を使って、心身を整えたりします。

変わりゆく身体を丁寧に観察して、自分を大切にしながら、日々を過ごしていこうと思います。

40代女性